SQL Server Open Close テスト

Visual Basic ADO.NET [Community Express]

自動生成された接続文字列

[データソース構成ウィザード]の[データ接続の選択]画面で生成された接続文字列をコピーして、SQL ServerデータベースのOpen Close を確認するサンプルプログラム

SQL Server Express 2014 接続文字列
SQL Server 接続文字列

SQL Server Express 接続文字列自動生成

自動生成接続文字列で開閉テスト

DB OPEN DB CLOSE

テスト用のプロジェクトを新規に作成し、ボタンをひとつ追加します。このボタンを押すと、データベースの開閉を確認できるようにします。

接続状態は、Stateプロパティで分かるので、このプロパティ値を文字列に変換し、メッセージボックスに表示して確認します。

あらかじめ System.Data.SqlClient をインポートしておきます。

接続文字列は、1行で書くと長くなるので、見やすいように複数行に分割しました。

接続状態を確認するために
  Dim con As New SqlConnection
  Using con
とコーディングしていますが、通常は
  Using con As New SqlConnection
とコーディングします。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Option Strict On
Imports System.Data.SqlClient

Public Class ConTest

    Private Sub BtnTest_Click _
        (sender As Object, e As EventArgs) _
        Handles BtnTest.Click

        Try
            Dim con As New SqlConnection
            Using con
                ' SQL Server 2014 Express Edition 接続文字列
                con.ConnectionString = _
                "Data Source=.\SQLEXPRESS;" & _
                "AttachDbFilename=" & _
                """D:\Program Files\Microsoft SQL Server" & _
                "\MSSQL12.SQLEXPRESS\MSSQL" & _
                "\DATA\販売管理データベース.mdf"";" & _
                "Integrated Security=True;" & _
                "Connect Timeout=30;"

                ' DBを開く
                con.Open()

                ' 接続状態の確認
                MessageBox.Show(con.State.ToString, "Open直後")

            End Using

            ' 接続状態の確認
            MessageBox.Show(con.State.ToString, "End Using直後")

        Catch ex As Exception
            MessageBox.Show(ex.ToString, "接続テスト【例外発生】")

        End Try

    End Sub

End Class
[広告]