得意先マスター削除 [VB Express]

Visual Basic ADO.NET [Community Express]

得意先マスター削除(Delete)仕様書

マスターファイル削除プログラムも、販売管理システムで作成したデーターベースアクセスクラスを修正しないでそのまま使うので、効率的にプログラムを作成できます。得意先マスター削除に足りない機能のみ追加します。

削除フォームクラス

フォームから入力した得意先コードのレコードを削除するサンプルプログラム仕様書。

得意先マスター削除フォーム

フォームコントロール

名称 コントロール Name 補足
得意先コード  TextBox TxtTokuisakiCode 半角4桁で入力
得意先検索
ボタン
Button BtnTokuisakiKensaku 得意先コードをキーにし得意先マスター
表を検索し、得意先名称、郵便番号、
都道府県名、市区町村、町域名を取得
ラベルのTextプロパティにセット
得意先名称 Label LblTokuisakiMei Textプロパティにセット
郵便番号 Label LblYubinBango Textプロパティにセット
都道府県 Label LblTodofukenMei Textプロパティにセット
市区町村 Label LblShikuchosonMei Textプロパティにセット
住所詳細 Label LblJusho Textプロパティにセット
得意先削除
ボタン
Button BtnSakujo エラーがなければ、得意先マスター表の
レコードを削除、正常終了メッセージを
表示し画面を初期化
全項目クリア
ボタン
Button BtnClear フォームを初期状態に戻す

販売管理データベース

テーブル:得意先マスター表
Key 列名 データ型 NULLを許容
得意先コード nchar(4) しない
郵便番号 nchar(7) しない
得意先名称 nvarchar(40) しない
得意先住所 nvarchar(50) しない
テーブル:郵便番号マスター表
Key 列名 データ型 NULLを許容
郵便番号 nchar(7) しない
都道府県名  nvarchar(4) しない
市区町村名 nvarchar(10) しない
町域名 nvarchar(20) しない