得意先マスター削除データクラス VB

[広告]

得意先マスターデータ管理クラスから派生

得意先マスター削除データクラスは、得意先マスター表の選択・更新・削除用データ管理クラスから派生したクラス。

コンストラクタと得意先マスター表の1レコードを削除するメソッドの2つメンバーを実装します。

得意先マスター表の1レコードを削除するメソッドは、得意先マスターアクセスクラス ClsTokuisakiTableIOのDeleteRecord メソッドを呼び出すだけです。実際にテーブルからレコードを削除するメソッドは、得意先マスターアクセスクラスに実装します。

VB ソースリスト

ClsTokuisaki.vb に追加します。

'////////////// 派生クラス:得意先マスター削除クラス ///////////////
Public Class ClsDeleteTokuisaki
    Inherits ClsTokuisaki

    '=======================================================
    ' 機能:コンストラクタ
    ' 引数:得意先コード
    '=======================================================
    Public Sub New(ByVal tCode As String)

        ' 最初に基本クラスのコンストラクタを呼び出す
        MyBase.New(tCode)

    End Sub

    '**********************************************************
    ' 機能:得意先マスター表の1レコードを削除するメソッド
    ' 引数:なし
    ' 戻値:削除したレコード数
    '**********************************************************
    Public Function DeleteRecord() As Integer

        Dim retDeleteCount As Integer    ' リターン値

        ' 得意先マスター表の1レコードを削除
        Dim tbIO As New ClsTokuisakiTableIO()
        tbIO.DeleteRecord(tokuisakiValue.tCode)

        ' ◆戻値を設定してリターン
        Return retDeleteCount

    End Function

End Class

[広告]