SQL Server 2005 接続文字列

Visual Basic ADO.NET [Community Express]

新しいデータソースの追加

VB2005から、「新しいデータソースの追加」を使うと、SQL Serverの接続文字列が自動的に作成されます。

事前に、管理ツール「Microsoft SQL Server Management Studio Express」を使って、「sampleDB.mdf」を作成してください。テーブルは作成しなくても大丈夫です。

SQL Server 2005 Express 接続文字列自動生成

データソースの追加1

VB 2005 Expressを起動して、新しいプロジェクトとして、Windowsアプリケーションプロジェクトを選択します。

新しいプロジェクトが作成したら、[データソース]タブを開いて、[新しいデータソースの追加]リンクをクリックすると、[データソース構成ウィザード]が表示されます。または、メニューの[データ]-[新しいデータソースの追加を]選びます。

[データベース]を選択して、[次へ]ボタンを押します。データ接続の選択画面になったら、[新しい接続]ボタンを押します。

[接続の追加]ダイアログが表示されたら、[データソース]の[Microsoft SQL Server データベース ファイル (SqlClient)]を選択します。

参照ボタンを押して、[データベースファイル]に、sample.mdf を選択したら、[OK]ボタンを押します。

[データソース構成ウィザード]のデータ接続の選択画面に戻ったら、接続文字列の左にある[+]ボタンを押せば、接続文字列が表示されます。(下図)

データソースの追加2

[データソース構成ウィザード]のデータ接続の選択画面で、[次へ]のボタンを押します。

すると、[選択された接続は、・・・プロジェクトにファイルをコピーして・・・]のダイアログが表示されるので、[はい]ボタンを押せば、アプリケーションルートディレクトリにデータベースファイルがコピーされます。[いいえ]を押すと、データベースファイルはコピーされません。

[接続文字列をアプリケーション構成ファイルに保存する]ページで、[次の名前で接続を保存する]をチェックします。名前は変更しないで、既定値のまま使います。

さらに、[次へ]ボタンを押すと、データベースオブジェクトの選択画面が表示されるので、テーブルを選んで、[完了]ボタンを押せば完成です。

接続文字列は、app.configファイルに生成されます。ソリューションエクスプローラで、app.configファイルを開けば確認できます。

configファイル
[広告]
[広告]
SQL Server 2016 の教科書