レコード数を取得 [VB.NET]

Visual Basic.NET ADO.NETデータベースプログラミング

ds.Tables("部門テーブル").Rows.Count

DataSetのTataTablesにDataRowsコレクションとしてレコードデータを格納します。このコレクションのCountプロパティにレコード数がセットされます。

サンプルプログラム

ExecuteScalarメソッドを使ったプログラムと同様に、部門テーブルのレコード数を取得して、その結果を表示するプログラムを作成します。

実行例
コントロール プロパティ 設定値
BtnSelect Text 検索
LblRecCount BorderStyle Fixed3D

部門テーブルの全レコードを取得して、DataSetのTataTablesに格納します。

ソースリストの枠内をクリックすると全選択できます。

Imports System.Data.OleDb
 
Public Class FormRowsCount
    Inherits System.Windows.Forms.Form

#Region " Windows フォーム デザイナで生成されたコード "
    ' 自動生成部分省略
#End Region

  '-------------------------------------------------------------
  ' 検索ボタンクリック処理:部門テーブルのレコード数を取得
  '-------------------------------------------------------------
  Private Sub BtnSelect_Click(ByVal sender As System.Object, _
      ByVal e As System.EventArgs) Handles BtnSelect.Click

      Dim con As New OleDbConnection()
      Dim cmd As New OleDbCommand()
      Dim da As New OleDbDataAdapter()
      Dim ds As New DataSet()

      Try
          ' DB接続文字列の設定
          con.ConnectionString = _
          "Provider=Microsoft.Jet.OLEDB.4.0; Data Source=" & _
          Application.StartupPath & "\sample.mdb"

          ' コネクションの設定
          cmd.Connection = con

          ' SQL文の設定
          cmd.CommandText = "SELECT * FROM 部門テーブル"

          ' 部門テーブルの全レコードを取得
          da.SelectCommand = cmd
          ds.Clear()
          da.Fill(ds, "部門テーブル")

          ' 部門テーブルのレコード数を表示
          Me.LblRecCount.Text = _
          CStr(ds.Tables("部門テーブル").Rows.Count)

      Catch ex As Exception
          ' 例外を受け取った時の処理
          MessageBox.Show(ex.ToString, "例外発生")

      End Try

  End Sub

End Class

[広告]と関連コンテンツ
[広告]